小判などの貨幣を買い取る古銭買取りについて

コレクション品の一つに貨幣が在ります。

明治時代以降に日本国内で使われているものを近代貨幣もしくは近代コインと呼び、江戸時代に流通されていた金貨には小判や大判と呼び、国家的な記念行事で発行されたものを記念硬貨や記念コインと呼びます。

何れも価値が在るものであり、コレクションする人にとって、所有している貨幣の価値が上昇することを期待すると言う楽しみ方も在りますし、より多くの貨幣を集める目的で専門店で購入する人も少なく在りません。

因みに、コレクションしていた貨幣を売りたい場合、記念コインや近代貨幣の一部については銀行で両替が可能になります。

例えば、1万円の記念コインを両替することで普通のお店で買い物をする時の支払いに利用する事が可能になります。

但し、1万円の記念コインはそのままで利用する事は出来るのですが、お店の人が記念コインについての知識が無ければ偽造コインと勘違いされてしまう事も在り注意が必要です。

そのため銀行などでの両替がお勧めと言う事になるわけですが、古銭買取りでは額面よりも高い額で買取りをして貰えるケースが在りますし、小判などの貨幣は古銭買取りなどの専門店のみで買取りが行われるのが特徴です。小判は江戸時代に使われていたお金であり、現代においては希少価値が高い貨幣になります。

大判は、豊臣秀吉が金判を統一する目的で作られた天正大判が最初だと言われていますが、天正大判は世界最大の金貨、賞賜や贈答として利用されていた天正大判は貴重価値が高く、状態が良いものなどの場合は1,000万円以上の価値を持つものもあると言われています。

また、江戸時代の貨幣には金、銀、銅で単位が異なる事、

金を利用している大判以外にも小判が鋳造されるなど、 大判や小判に含まれる金の量と言うものは、作られた時代に応じて異なるのが特徴です。

尚、大判や小判は古銭買取りを利用する事で鑑定士による査定評価を受けて買取りをして貰う事が出るのですが、江戸時代の秤量貨幣でもある銀貨の丁銀や豆板銀と言うのは小判のように整った形をしておらず、色々な形になっているのが特徴です。

これについて、確認はコチラから!がお勧めです。

尚、江戸時代の貨幣は骨董品としての価値が高いものではありますが、種類が豊富に在るなどの理由からも、知識が豊富に在る鑑定士に査定を受ける事が高額査定のコツでもあり、古銭買取りを利用する場合には取引事例などを参考にしてお店を選ぶことがお勧めです。

No comments yet

leave a comment

*

*
*