額面以上の価値を持つ古銭と古銭買取り

1982年(昭和57年)に500円札が廃止される時に発行された硬貨が500円玉です。

裏面には竹と橘、算用数字の500円が描かれており、表面には桐が描かれています。

所で、この500円玉と言うのは途中で図案および素材の変更が行われているのをご存知でしょうか。

2000年が図案および素材の変更が行われた年であり、最初に発行された500円玉と言うのは1999年(平成11年)までであり、以降は描かれているものは裏面の竹と橘、算用数字の500円、表面の桐は共通なのですが、裏面の算用数字のデザインが異なるのが特徴で、偽造防止の目的でデザインが変更になっています。

また、最初に発行された500円玉の素材は白銅(銅が75%、ニッケルが25%)に対し、2000年に登場した500円玉はニッケル黄銅(銅が72%、亜鉛が20%、ニッケルが8%)で重量についても7.20gから7.00gと若干軽くなっているのが特徴です。

尚、500円玉の価値と言うのは500円と言う額面からも500円の価値と言う事になるのですが、しかしながら500円玉の中には1枚あたり1,500円の価値を持つものも存在しており、古銭買取りなどでは高く売ることが出来る500円玉だと言われているのです。

500円玉は1982年に登場してから2000年に一度図案や素材の変更が行われているのが特徴の日本の硬貨になりますが、発行枚数は毎年異なるもの特徴で、昭和62年には277万枚と言う発行枚数になっています。

この発行枚数は過去の枚数を比較しても最も少ない数である事からも古銭買取りでは高い評価を得ることが出来る500円玉でもあると言います。

尚、詳しくは「